レイキ療法士学院 <やわらぎレイキ>
レイキ 療法士学院 TOP
やわらぎレイキ について
目的
技法
カリキュラム
レイキセミナー1,2
レイキセミナー3,4
マスタークラス
レイキ療法士学院
レイキリフレクソロジ
レイキの効果確認
体験談
 
 

やわらぎレイキの技法

 
  | TOP |レイキ法|宙心法やわらぎ法|       

■レイキ法とは

 

レイキの回路を開き、レイキエネルギーを使えるようにするための実践法です。

アチューンメントによりレイキの回路を開き、レイキの波動調整を行います。さらに、シンボル(図形)とマントラ(言葉)を使ったレイキヒーリングを学び、発レイキ法などの技法を通してレイキを磨きます。


■レイキの回路を開く

人間の身体の中には、気の流れる道があります。気の流れは血液の流れと違って、体内だけで完結しているわけではありません。宇宙の気を取り入れ、それを体内で循環させて、外へ出すという大きな流れがあります。これを「気の回路」といいます。

「気の回路を開く」というのは、この気の回路に、宇宙の気を取り込み、身体の中で滞ることなく、体外へ流していくという循環がスムーズに行われることを言います。 

一般的な気の流派ですと、気の回路という考え方がありません。あったとしても、それを開くにはどうしたらいいのかというノウハウが確立していません。気を受けたり、トレーニングをしているうちに、感覚の優れた人は自然に気の回路が開いていくという漠然としたものしかありません。

しかし、レイキには、「アチューンメント」という、気の回路を確実に開く方法があり、誰でも1日で、簡単に開くことができます。しかも、レイキで行うアチューンメントは、気の回路を開き、そこに、気の中でも最高の気であるレイキが流れるようにします。 このことを、「レイキの回路を開く」といいます。


■レイキの波動調整

レイキのエネルギーには、目的別にさまざまな種類があります。

A:地球のエネルギー (肉体・物質にはたらきます)
B:月 のエネルギー (心・精神にはたらきます)
C:太陽のネルギー (時間・空間にはたらきます)
D:レイキの根源のエネルギー (全てにはたらきます)

ちょうど、テレビのチャンネルで番組を切り替えるように、目的に応じて、レイキのエネルギーを切り替えます。 そのチャンネルをつくる作業のことを、「レイキの波動調整」といいます。

「レイキの回路を開く」のも、「レイキの波動調整」も、アチューンメントでおこないます。どちらも簡単に終わってしまいますので、受ける側はあまり意識する必要はありません。あまりに簡単で拍子抜けするかもしれませんが、そこでやっていることは、とんでもなくすごいことなのです。


■シンボルとマントラ

一般的には、気を活用するには意識を使いますが、レイキでは、意識に加えてレイキ特有の図形と言葉を使います。

図形をシンボルと言い、言葉をマントラと言います。このシンボルとマントラを使うことによって、誰でもレイキヒーリングができるようになります。 シンボルとマントラは、レイキセミナーでお伝えします。



ページTOPへ
copyright